棚ぼたオランダ生活

ヨーロッパ暮らしと旅のブログ

【イタリア】フィレンツェを拠点にピサ&シエナへ!フィレンツェ3泊旅行記

f:id:cocodesuyo:20200129224003j:plain

 

花の都と言われているフィレンツェはイタリア屈指の観光地ですよね。

 

私たち夫婦はフィレンツェを拠点にフィレンツェ観光はもちろん、近隣都市への観光にも足を伸ばしました。

 

宿泊日数は3泊でしたが、良いバランスだったと思います。

 

フィレンツェ滞在中に観光した都市は次の通り。

  • フィレンツェ
  • ピサ
  • シエナ

 

どのような日数配分をして近隣都市へ観光に行ったのか、旅行記をもとにご紹介したいと思います^^

 

 

フィレンツェ

f:id:cocodesuyo:20200121220324j:plain

 

 

13:00 フィレンツェ着 ホテルへ

 

ローマからフィレンツェにはお昼過ぎ頃到着。

 

駅の券売機でバスのチケットを購入して、ホテルへ向かいました。

 

私たちは都市部からバスで30分ほど離れた場所のホテルにしてしまったのですが、フィレンツェは徒歩で観光できるくらい観光スポットが密集しているので、できるだけ都市部の近くにホテルを取った方が効率的に動けると思います!

 

ホテルでチェックインをし、荷物を置いて再びSMN(サンタ・マリア・ノヴェッラ中央)駅近くへ。

 

観光スタートです♪

 

15:00 遅めのランチ

f:id:cocodesuyo:20200121222634j:plain

 

ドゥオーモ近辺のレストランにて遅めのランチを。

f:id:cocodesuyo:20200121222708j:plain

 

お腹が空きすぎてあまり考えずにフラッと入ったお店。

 

特にフィレンツェのレストランを調べずに行ったところ、美味しい!というお店にあまり出会えなかったので事前に調べて行った方が確実です。

 

フラッと入ったお店でも普通のクオリティーではあるので、そこまで食事に神経質になることもないのかなぁという印象。

 

15:45 クーポラへ

f:id:cocodesuyo:20200121224139j:plain

 

食事が済んだらいよいよ観光!

 

最初にサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(ドゥオーモ)へ。

 

ドゥオーモ(無料)は予約ができませんが、クーポラは予約ができます。

 

クーポラはこの写真の左側のフィレンツェの象徴とも言える建物。

f:id:cocodesuyo:20200121220324j:plain

 

クーポラは予約をすると上に登ることができますが、逆に予約をしないと登ることができません!

 

また、当日券売機で予約をすることも可能ですが、ハイシーズンだと3日前には完売してしまうこともあるそうなので事前にオンライン予約をした方が良いでしょう。

 

公式ホームページにて予約が可能です。

www.museumflorence.com

 

クーポラのチケットは共通券なので、ジョットの鐘楼やサン・ジョヴァンニ洗礼堂へも入場することができます。

 

共通券の詳細や予約の仕方はこちらのサイトがとてもわかりやすく説明してくださっています。

firenzeguide.net

 

私たちは事前に16時で予約をして行きました。

 

15分前に並び始めましたが、すでに結構な列ができていました。

 

並んでいる人全員が16時の予約だったので予約をしたからといって優先入場があるわけではなく、時間になったら入り口から順番に入場する形でした。

 

入場するとかなり狭い階段をひたすら登って登って登る...結構酷でした(笑)

 

エレベーターやエスカレーターがあるわけもなく...広々した階段があるわけもなく...

 

心が折れそうになりかけたとき、やっと上に着きました!!

f:id:cocodesuyo:20200121232514j:plain

 

登るのは本当に大変でしたが、クーポラから見られるフィレンツェの街並みは圧巻でした。

 

f:id:cocodesuyo:20200129214029j:plain

f:id:cocodesuyo:20200129214054j:plain

 

屋根のない美術館と言われるのも納得の景色。

 

  

17:00 ジェラート休憩

f:id:cocodesuyo:20200129214402j:plain

 

クーポラを登ったあとは、暑さと疲労でヘトヘトだったのでジョットの鐘楼近くにあったジェラート屋さんで休憩しました。

 

ヨーロッパでは夏、たくさんのジェラートが売られています。

 

フラッと食べてもハズレがないのでイタリア旅行の際はぜひいろんなお店のジェラートを食べてみてください♪

 

18:00 ジョットの鐘楼

f:id:cocodesuyo:20200203213655j:plain
 

クーポラのすぐ隣にある写真の右側の細長い建物がジョットの鐘楼。

 

こちらもクーポラの共通券で登ることができます。

 

18時頃登りましたが、ジョットの鐘楼入り口前にはまだ15人程の列ができていました。

 

10分ほど並んで中に入り、ここでもまたひたすら階段を登る登る...

 

クーポラほどではありませんが結構な数の階段を登り、中間地点に到着。

 

f:id:cocodesuyo:20200129223826j:plain

 

ここでは名前の通り鐘楼があり、フェンスのすぐ隣には先ほど登ったクーポラが見えます。

 

一番上までもう少し!

 

少し休憩してから再び登り、やっと一番上にたどり着きました。

 

f:id:cocodesuyo:20200129224003j:plain

 

一番上からはフィレンツェのシンボル、クーポラが目の前に!

 

先ほどクーポラで景色を眺めていたところにまだ人がたくさん見えます。

 

フィレンツェらしい景色を眺めたい方はクーポラよりもジョットの鐘楼からの景色の方がオススメかもしれません。

 

 

18:50 サン・ジョヴァンニ洗礼堂

f:id:cocodesuyo:20200129225158j:plain

 

ジョットの鐘楼のすぐ目の前にあるのがサン・ジョヴァンニ洗礼堂。

 

ここは入場するのに一番服装に厳しかったように感じます。

 

肩を出していたり、短い丈のボトムを着ていると入場できません。

 

こちらもクーポラの共通券で入場できるので記念に入場しましたが、中は1フロアのみでコンパクト。

 

とても厳かな雰囲気があり、長居をするような場所ではありませんでした。

 

 

19:30 ミケランジェロの丘へ

f:id:cocodesuyo:20200129230110j:plain

 

洗礼堂を後にし、バスのチケットを購入してミケランジェロの丘へ向かいました。

 

中心街から歩いて30分ほどでも着きますが、クーポラとジョットの鐘楼に登ってすでにヘロヘロだった私たち夫婦はバスで行くことに(笑)

 

f:id:cocodesuyo:20200129230453j:plain

 

結局バスで行っても途中から結構な坂道を登ることになるので歩いてもよかったのかなぁとも思いますが、30分の道のりは自信がありませんでした...

 

夏のフィレンツェは日暮れが20時30分くらい。

 

オランダよりはかなり早く日が暮れますが、それでも遅い時間ですよね。

 

日暮れ前に無事に到着したのはいいものの...あふれんばかりの人!!!

 

もう夕焼けなんて見れないんじゃないかと思うくらい人がたくさんいました。

 

どうにかこうにか人混みを突き抜けて一番夕日が綺麗そうな場所に潜り込めましたが、一番前には行けず(笑)

 

それでもなんとか写真は撮れました。

 

f:id:cocodesuyo:20200129230922j:plain

f:id:cocodesuyo:20200129231001j:plain

 

ミケランジェロの丘は夕暮れ時に行くのが良い!とよく聞きますが、この夕日は本当に綺麗でした。

 

しかし、人混みとアクセスの悪さを考えると昼でも朝でも十分満喫できたのかなぁと思います。

 

ハイシーズンの夏の夕暮れ時は

  • 身動きができないほど人がいて夕焼けが見れない
  • 日が暮れるとみんな帰りだすのでバスが満員で乗れない

以上のことを想定して行くことをオススメします。 

 

 

 

2日目 ウフィツィ美術館

f:id:cocodesuyo:20200203213740j:plain
 

フィレンツェ滞在中の2日目にはウフィツィ美術館に行きました。

 

こちらは事前に時間指定でオンライン予約を。

 

予約方法の詳細はこちらのサイトがわかりやすいです。

amazing-trip.xyz

 

私たちはフィレンツェ滞在2日目の午前中にピサへ行き、15時からの予約でウフィツィ美術館に行く予定でした。

 

が、なんとピサからフィレンツェに帰る途中の電車が人身事故に遭い、2時間半も遅れてしまいました。

 

もうどうしようもなく15時のチケットを17時半に美術館へ持って行き、電車が遅延していたことを説明すると、特に何か聞かれることもなくそのまま入場させてもらえました。

 

寛大なのか気にしていないのか...

真相はわかりませんがとにかく助かりました。

 

おかげで見たかったヴィーナスの誕生の絵も無事に見れました。

 

f:id:cocodesuyo:20200129232306j:plain

 

ヴァチカン美術館に比べるとかなりコンパクトな美術館で見やすかった印象です。

 

ただ、やはり美術品に感性があまりない私たち夫婦は行かなくてもよかったかもしれないなぁとも思いました。

 

ご参考までに^^

 

 

 


ピサ

f:id:cocodesuyo:20200129232654j:plain

 

フィレンツェ滞在2日目にはピサへ行きました。

 

ピサといえば有名な斜塔!!

 

どうしてもこれが見たくて、私たちはフィレンツェ滞在中の半日をピサに使いました。

 

ピサでの目的地は斜塔のみ。

 

それでも行ってよかったーと思えるほどよかったのでぜひフィレンツェ滞在時にはピサまで足を運んでみてください♪

 

8:30 SMN駅からピサへ

 

まず、前日にSMN駅の自動券売機でピサ中央駅の切符を日時指定で購入しました。

 

f:id:cocodesuyo:20200129234142j:plain

 

切符の購入方法はこちらの記事がわかりやすいです。

urtrip.jp

 

9:30 ピサ中央駅到着

 

ピサ中央駅に着いたら、帰りの分の切符を購入。

f:id:cocodesuyo:20200129234357j:plain

 

13時半くらいの時間の切符にしました♪

 

 

10:00 ピサの斜塔到着→予約

f:id:cocodesuyo:20200203213811j:plain
 

 ピサ中央駅から斜塔までは歩いて20分ほどで到着。

 

写真では何度も見ていた斜塔ですが、実際見てみると本当にすごい!

 

こんなに傾いててなんで崩れないの?!と本気で思いました(笑)

 

せっかく来たからには斜塔にも登りたいので、チケットオフィスに行き入場予約をしました。

 

朝早く着いたからかほとんど並ばず11時15分の予約を取ることができました。

 

登るまでの間に周辺を散策してお昼ご飯のお店の目星を付けたりお土産を買ったりしました。

 

f:id:cocodesuyo:20200129235118j:plain

 

11:15 斜塔へ登る

f:id:cocodesuyo:20200203213841j:plain
 

予約の10分ほど前に入り口に並び、時間になったら中に入れました。

 

斜塔を登る感覚は本当に不思議!!

 

登ってるはずなのに平面を歩いてるような感覚だったり、逆にすごい急勾配に感じたり。

 

上に着くと広場や大聖堂を一望できました。

f:id:cocodesuyo:20200129235457j:plain

 

鐘楼があったり。

 

f:id:cocodesuyo:20200203213905j:plain

f:id:cocodesuyo:20200129235616j:plain

 

ピサの斜塔は登った時の景色というよりかは、登っている途中の不思議な感覚を体験できることの方に価値があるなぁと思いました。

 

 

12:00 ランチ

f:id:cocodesuyo:20200130000341j:plain

 

斜塔のあとは近くのレストランでランチを。

 

ワインを飲みながらプロシュートの盛り合わせやピザを美味しくいただきました^^

 

f:id:cocodesuyo:20200130000501j:plain

f:id:cocodesuyo:20200130000528j:plain

 

お店の雰囲気もよかったです。

f:id:cocodesuyo:20200130000611j:plain

私たちは暑すぎて店内に逃げ込みましたがほとんどのお客さんは灼熱の暑さの中テラスで食事をしていました(笑)

 

 

13:30 ピサ中央駅からSMN駅へ(人身事故に遭う)

f:id:cocodesuyo:20200130001025j:plain

 

ランチの後はまた20分ほど歩いてピサ中央駅に行き、13:30の電車でフィレンツェへ向かいました。

 

しかし、ここで先ほど書いたようになんと人身事故に遭遇してしまいます。

 

ピサ中央駅の次の駅あたりで強制的に電車を降ろされ、フィレンツェへ帰る道が完全になくなってしまいました。

 

私たちだけでなくその電車に乗っていた全乗客が灼熱の暑さの中、バスか電車が来るのを待ちました。

 

最初はバスが来るからバス停のところで待っててくれ。

と言われて待ちましたがフィレンツェへ送ってくれるバスは現れず...

 

途中の駅まで行く電車が来るから今度はホームで待っててくれ。

と言われて大勢でホームへ大移動(笑)

 

そこからしばらく電車が来なくて、来たと思えば超満員!!

 

途中の駅までしか行かないと聞いてましたが、結局SMN駅まで行ってくれました。

 

とは言え予定よりも2時間半も遅れてフィレンツェに到着。

 

日本だけでなく人身事故はどの国でもあるんだなぁと思わされました...

 

 


シエナ

 

 

フィレンツェ滞在3日目はシエナ歴史地区へ行きました。

 

ここは夫が以前来たことがあり、友達もオススメだよーと教えてくれたので行ってみました。

 

感想は、行ってよかった!

 

特別何かあるということはないのですが、街並みが可愛かったり、穏やかな街の雰囲気とがとても気に入りました。

 

12:30 フィレンツェのバス乗り場→シエナへ

 

シエナへはバスか電車で行くことができます。

 

行き方はこちらのサイトがわかりやすく説明してくださっています。

tabinosikata.com

 

私たちはバスが手頃だったのでバスで行くことにしました。

 

バスステーションの窓口でシエナ行きの切符を購入して、窓口の方に教えてもらったバス停まで行きました。

 

13時頃出発のバスの中はそんなに人もいなくて1時間ちょいでシエナに到着。

 

14:15 シエナ到着、カンポ広場へ

f:id:cocodesuyo:20200130004153j:plain

 

シエナに到着してからまず向かったのは、世界一美しい広場と呼ばれているカンポ広場。

 

ちょうど翌週に競馬祭、パリオが開催されるとのことで広場はパリオ仕様でした。

 

カンポ広場の象徴でもあるマンジャの塔は登ることができますが、フィレンツェやピサで散々塔に登った私たちはパス(笑)

 

 

15:30 シエナ大聖堂

f:id:cocodesuyo:20200130010335j:plain

 

外観が可愛いシエナ大聖堂。

 

正直大聖堂はもうお腹いっぱい...というくらい大聖堂を見てきたので入場するか迷いましたが、こちらは入場して大正解でした!

 

チケット売り場でチケットを購入。

なんだか細かくチケットの種類が分かれていましたが、私たちは大聖堂内と隣接する図書館に入れる一番安いチケットを購入しました。

 

大聖堂内に入った瞬間の圧巻さ...!

 

f:id:cocodesuyo:20200203213939j:plain
 

白と黒の大理石の柱がとても印象的でした。

 

すぐ隣にあって大聖堂の中から入れる図書館がまたよかったです。

 

f:id:cocodesuyo:20200130010858j:plain

 

 

16:30 遅めのランチ

f:id:cocodesuyo:20200130010943j:plain

 

もはやディナーなのでは?と思うくらい遅くなってしまいましたが朝ごはんが遅かったのでちょうどよかったです(笑)

 

見栄えがあまりよくないですが、こちらのラザニアが絶品で...

 

イタリアンって本当に美味しいですよねー

 

18:00 シエナ→フィレンツェへ

f:id:cocodesuyo:20200203214004j:plain
 

特段有名な観光地があるわけではないシエナですが、街の雰囲気がとてもよかったです。

 

穏やかでゆったりとした街に癒されました。

 

18時前頃にシエナのバス停近くのチケット売り場で帰りのチケットを購入して、フィレンツェへ帰りました。

 

行きの段階で往復のチケットを購入していると安心かもしれません。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

フィレンツェは美術館がたくさんありますが、厳選すると観光日数は1日でも十分な気がします。

 

今回私たち夫婦はフィレンツェに3泊しましたが、1泊もしくは2泊でも楽しめると思います。

 

フィレンツェを拠点として訪れたピサとシエナはどちらもとてもオススメだったのでぜひ足を運んでみてください♪